SaPID Practical Grade  ~SaPID実践・支援する能力レベル

このGradeは、SaPID実践・支援する能力レベルを把握したり、評価するために活用します。

SaPIDは”対象の状況と手法の理解に基づく継続的な実践とその実証(*1)”を重視します。
自ら理解して実践できるようになる(実践者)→他者・チーム・組織の実践を支援する(ファシリテータ)→実践者とファシリテータを育てる(マスター)の順に能力を向上させていきます。

 


ご希望があればSoftware Quasolにて下記要件に適合するかを審査し、合格したGradeを認定いたします。
その場合は、ご本人からの申請が必要になります。(申請・登録手続きは”無料”です)

申請する場合は quality-sol"アットマーク"hba.co.jp にご連絡ください。(→"アットマーク"を@に変えてください)
また不明点については「問合せ」からご連絡ください。

 


認定者一覧(日付は認定日)

Certificated SaPID Practitioner

2018.2.6   真鍋 俊之さん

2018.4.26 常盤 香央里さん

2021.6.16 星野 遥希さん



分類1 分類2 概要 要件
 SaPID Master

(マスター)

 (FounderはMasterに含まれます) 

SaPIDをさまざまな状況に適応し、より効果的に発展させることができる方。SaPIDの指導的な立場の方。(以下の要件を満足する方)

・SaPID(MODE1~5、およびSTEP0~9を含む)の理解に基づく実践・支援が可能で、SaPID Facilitator、SaPID Practitionerを育成することができる

・SaPIDの強み、弱み、他の方法論や手法との関係性を把握し、SaPIDをより効果的にバージョンアップすることができる

SaPID Practitioner、かつSaPID Facilitatorである者が、SaPID Masterによる面接(概要に記載した内容を裏付ける確認を行う)に合格すること。

SaPID Facilitator

(ファシリテータ)

 

 

SaPID Facilitator

適切な理解に基づくSaPID実践支援(伴走)者

・SaPID PreFacilitatorであること。

・併せて自らが所属しない個人、チーム、組織のSaPID適用を支援し、最低限STEP1~9を実践・完了した実績が複数ある。

SaPID PreFacilitatorが、以下の要件のいずれかを満足((1)+(2)=計2件以上)すること

(1)SaPID実践支援結果を公のイベント(査読あり)で採択され発表済。

(2)SaPID実践支援結果がSaPID Masterによる査読に合格し、当サイトに掲載されること。

SaPID PreFacilitator

(SaPID Provisional Facilitator)

SaPID Facilitatorの役割とあり方を理解している方。

以下の要件をすべて満足していること

(1)SaPID Facilitatorの役割、心構え、留意事項をその理由と共に理解していること。(*2)

(2)筆記試験orレポート提出or面接(いずれも無料)に合格済。

SaPID Practitioner

(実践者)

SaPID Practitioner

適切な理解に基づくSaPIDの実践者。

SaPID PrePractitionerが、以下の要件をすべて満足すること

(1)自らの実務、または自らが所属するチーム・プロジェクトへSaPIDを適用し、最低限STEP1~9を実践・完了した実績がある。

 

(2)(1)の取り組み過程と結果が、公のイベント(査読あり)で発表済、かつその事例が掲載されること。または、SaPID Masterによる査読に合格し、当サイトに掲載されること。

SaPID PrePractitioner

(SaPID Provisional Practitioner)

SaPIDの概要と詳細を理解している方。

以下の要件をすべて満足していること

(1)SaPIDの全体像と個別詳細、そのコンセプト、ポリシー、特長、主な用途、適用方法、注意事項など理解していること。(*2)

 

(2)筆記試験orレポート提出or面接(いずれも無料)に合格済。